我慢不要!食べ方さえ気を付ければ痩せられるその方法

MENU

甘いものは朝か運動後に。<続き>

このことから、甘いものは食べない方が良い というのがわかってもらえたと思いますが、やっぱり食べたいですよね。

 

 

そこで、食べる時間を工夫しましょう。

 

 

例えば朝。

 

 

体脂肪,脂肪,燃焼,運動,空腹,カロリー,食事

起床時はエネルギーが不足している状態ですので、急いでエネルギーを摂取する必要があります。

 

 

こういうときにこそ、 吸収性の速い甘いモノが最適なのです。

 

 

また、同様に体がエネルギーを急いで欲しているときがあります。

 

 

それが運動直後の体が疲労しているときです。

 

 

同じ甘い食べ物でも、このように食べるタイミングによって体脂肪になったり、急速なエネルギーとして役に立ったりするのです。

 

 

ですので、どうしても甘いモノが食べたい! そんな時は、朝の起床後か運動後を 選ぶようにしましょう。

 

 

もちろん、そのタイミングだからといって食べ過ぎはいけませんよ。

 

 

大福なら一個、ショートケーキなら半分位と、1日あたり100〜200kcal を目安にしましょう。

 

 

体脂肪を減らすというのは、これほどまでに難しいものなのです。