我慢不要!食べ方さえ気を付ければ痩せられるその方法

MENU

我慢不要!食べ方さえ気を付ければ痩せられるその方法!

体脂肪,脂肪,燃焼,運動,空腹,カロリー,食事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、ちゃんと空腹感を感じていますか?

 

 

昼間になったから食事にしたとか、職場でお茶と一緒にお菓子を出されたからとかで、なんとなく食べてはいませんか?

 

 

特に、長期休暇明けは 同僚、先輩からのおみやげが沢山集まって、こういう機会が増えてしまいがちです。

 

 

なぜ、こんな話をしているかというと、 この”なんとなく食べる”という行為が体脂肪を生み出す大きな原因となるからです。

 

 

お腹が空いているのならまだしも、空腹感を感じていないのに食べるのは余分なエネルギーの摂取に他なりません。

 

 

特に気を付けたいのが、 小さくて食べ応えも無いのに、高カロリーなお菓子です。

 

 

体脂肪,脂肪,燃焼,運動,空腹,カロリー,食事

女性で多く見られる傾向ですが、常に自宅にお菓子を買い置きしている方がいますね。

 

 

手元に美味しそうなものがあれば、大してお腹が空いていなくても、ついつい手が伸びてしまうものです。

 

 

特に”お買い得”なんて書かれたセール品は、 安いからとか、量が多いからと言って買いだめするのは絶対にやめましょう。

 

 

そもそも、手元にお菓子がなければ、太る原因をひとつ潰せた状態となりますので、体脂肪を減らす大きな一歩にもなります。

 

 

これは、外食でも同じことが言えます。

 

 

私の先輩でも居ましたが、飲みなどに行くと、つまみは殆ど食べないのに、 何かしらテーブルに出ていないと落ち着かないという人。

 

 

その?は結局、私が全部食べてしまっていたのですが、食べなきゃ勿体無いからと言って、こういう行為は絶対にやめましょう。

 

 

 

晩酌のつまみは要注意

 

 

仕事帰りに飲むビール。 おいしいですよね。

 

 

私は飲めませんが・・・。(笑) でも、お酒のツマミは結構好きだったりします。

 

 

好きなんですが・・・、 まさにこれが落とし穴。

 

 

最近の居酒屋って色々なおつまみがありますよね。 唐揚げにフライドポテト、焼き鳥にピザ!

 

 

とにかく油っこいもの、味の濃いものが多い。 まさに太るためにあるようなものばかりです。

 

 

体脂肪を減らすために出来ることならば、 肝臓のためにもお酒を飲む回数を 減らして欲しいところです。

 

 

でも、仕事帰りのお酒は辞められない!難しい!というのであれば、ツマミの選び方を工夫しましょう。

 

 

前回の脂物を避けるという部分にも重なりますが、 お酒のツマミも、出来るだけ脂っぽいものを避けましょう。

 

 

枝豆とか、豆腐、おひたしなどの低カロリーのものを選んで食べるように心がけるようにしましょう。

 

 

もちろん、ゼロにしろとは言いません。 出来るだけ、控えるということです。

 

 

あと、よくあるパターンとして、焼き鳥とかは2本以上でしか注文できないことがありますよね。

 

 

その場合は、仲間と分け合うようにすると良いでしょう。

 

 

で、一番危険なのが飲んだ後。

 

 

「ラーメン食べよう」

 

 

これは絶対にダメです。 どんなにストレスが溜まろうが、体脂肪を減らしたいのであれば絶対に辞めましょう。

 

 

体脂肪,脂肪,燃焼,運動,空腹,カロリー,食事

どうしても、何が何でも胃の中に入れたいのなら、せめてお茶漬けにしましょう。

 

 

(本当はお茶漬けも控えて欲しいのですが・・・)

 

 

最後になりますが、お酒は落ち着いて飲みましょう。

 

 

学生の時みたいな馬鹿げた無茶飲みは卒業してくださいね。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

お気に入り

2015/10/19 14:31:19 |
メタボリックシンドロームやそれに伴う成人病の危険さが有名となってきたことにより、ダイエット食材が世に多く出てきました。中でも特に目にするようになったもののひとつに、ゼロカロリー食品があります。ジュースにゼリーなど、スーパーやコンビニで大きく表示がされていてよく目立ちますね。では、これらは本当にゼロカロリーなのでしょうか?「え?」と思われた方も多いと思いますが、 実は正確にはゼロではありません。と、いうのも、100gあたりの熱量が5kcal未満であればゼロカロリーを法令上表記できるからです。とはいえ、ほとんどカロリーがないのも事実ですので、上手に活用をしていきたいところです。で、今回はそのゼロカ...
2015/10/17 20:28:17 |
このことから、甘いものは食べない方が良い というのがわかってもらえたと思いますが、やっぱり食べたいですよね。そこで、食べる時間を工夫しましょう。例えば朝。起床時はエネルギーが不足している状態ですので、急いでエネルギーを摂取する必要があります。こういうときにこそ、 吸収性の速い甘いモノが最適なのです。また、同様に体がエネルギーを急いで欲しているときがあります。それが運動直後の体が疲労しているときです。同じ甘い食べ物でも、このように食べるタイミングによって体脂肪になったり、急速なエネルギーとして役に立ったりするのです。ですので、どうしても甘いモノが食べたい! そんな時は、朝の起床後か運動後を 選ぶ...
2015/10/17 20:18:17 |
なんとなく元気が無い時や、ストレスが溜まった時・・・。無性に甘いモノが欲しくなりませんか?ちなみに私は常に欲しくなっていますので、出来るだけ考えないようにしています。と、いうかこの記事を書いている時点で、冷蔵庫に入っているチョコレートの存在を思い出してしまい、自分との格闘が始まってしまいました。話を戻します。甘さの元である砂糖。 さらにその元となるブドウ糖は、体内への吸収が非常に早い性質をもっています。そのために、血糖値をすぐに上げる働きがあります。以前流行った低インスリンダイエットで言うならば、GI値が高い食品となります。これらGI値が高い糖質というのは、体内へ吸収する速度がエネルギーとして...